読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

障害者の介護保障を考える会のブログ

障害者の介護保障を考える会(ホームページ:http://kaigohosho.jimdo.com/)のブログです。例会のお知らせ、報告など。

毎日新聞記事

以下、毎日新聞の記事を転載させていただきます。

 

心の扉を開いて
共に生きる兵庫 第1部「地域で暮らす」/2 私たちの声届けよう 介護空白帯、自助努力でやり繰り /兵庫
毎日新聞2017年5月22日 地方版
https://mainichi.jp/articles/20170522/ddl/k28/040/319000c

障がい者の声を届ける会」発足初会合で、発言する障害者ら。(左から)堀之内さん、凪さん、迫田さん=神戸市長田区で、櫻井由紀治撮影

 今月12日、神戸市長田区に「障がい者の声を届ける会」が発足した。公的介護サービスを受けながら地域で暮らす障害者が、生活や命を守るために自分たちの声を行政に届けていく当事者組織だ。この日の初会合に、同区のシェアハウス「Re-Smile」(リ・スマイル)で1人暮らしをする、重度脳性まひの迫田博さん(40)の姿もあった。

 司会者から発言を求められた迫田さんは、手元の機器を操作して合成音声を流した。「(重度訪問介護の支給)時間数が足りないので困っています。どのようにしたらいいのかと思っていました」

 言葉を発することができない迫田さんは普段、文字を音声に変換する機器を利用する。会合開始30分前に車椅子で会場にやって来て、発言内容を一語一語、キーボードに打ち込み準備をしていた。

 障害者総合支援法に基づき、重度障害者に見守り支援を含めた生活全般の介護を提供する制度「重度訪問介護」。障害支援区分が6と最も重く常時介護を必要とする自分には、1日最大15時間の支給時間数では足りないと訴えたのだ。

 迫田さんだけではない。他にも、この制度を利用する4人の当事者が困窮する状況を訴えた。全員、重度の脳性まひだが、要望する介護時間数と実際に支給される時間数には大きな隔たりがある。いずれも、深夜帯の午後10時~翌朝6時までの間、ヘルパーが付かない空白時間帯が数時間あった。審査する神戸市は見守り支援について「単なる待機は認められない」という姿勢だが、当事者はこの空白時間帯に一人きりになってしまうことに不安が大きい。

 兵庫区市営住宅に1人で暮らす堀之内和弘さん(36)は血友病も患う。生活費は障害年金などで賄いながら、認められていない空白2時間分は自己負担をしてヘルパーに見守ってもらう。自己負担分の介護料は特別障害者手当月々約2万6000円を充てているが、全額支払えないので事業所に値引きしてもらい長時間介護を実現させている。それでも、堀之内さんは「これからも地域で生きていく」と決意は固い。

 障害年金と特別障害者手当で生活する長田区の凪(なぎ)裕之さん(44)も、貯金を取り崩して空白時間帯を自己負担する。自力では寝返りや体温調整ができない。多い月は10万円以上の出費となるという。借りている民間アパートの家賃の支払いもある。このままでは貯金も底を突いてしまうため知人らに頼み、深夜に無償で付き添ってもらうこともある。凪さんは「自己負担が気になって、やりたいこともやれない生活。それが情けない」と訴える。2人共、自助努力でやり繰りしたうえで成り立っている地域生活だ。

   ×  ×

 「施設から地域へ」。2003年度に国の障害者福祉は方針転換した。だが、障害者が地域で安心して暮らせるための公的サービス制度は十分ではない。自分たちが声を上げなければ社会は何も変わらないという思いが、彼らを突き動かす。

 神戸市によると、重度訪問介護の市内利用者数は280人(昨年11月末現在)。重度障害者を支援するNPO法人「ウィズアス」の鞍本長利代表は「声を上げられずに、我慢している仲間はまだ多いはず。当事者間のネットワークが必要だ」と指摘する。【編集委員・桜井由紀治】=つづく

 ※次回は6月5日掲載予定です。

介護保障を考える弁護士と障害者の会全国ネット5周年

介護保障を考える弁護士と障害者の会全国ネット5周年シンポジウムの場所も予約できました。

10月28日土曜日、9時から17時まで、三宮勤労会館大ホールの予約を取っています。

これはまだ具体的な時間が決まっていないので、とりあえず皆さん日程を空けておいてください。

みんなで参加しましょう!

第12回介護保障を考える会・例会のご案内

第12回介護保障を考える会・例会のご案内

日時:4月8日(土) 13時半から16時半

場所:総合福祉センター(JR神戸駅から徒歩約10分)

   会議室A(定員45名の部屋)総合福祉センター4階南側

興味がある方、介護のことで困っておられる方はぜひご参加ください!

初参加、歓迎です(事前に連絡いただけますと助かります)。

第11回介護保障を考える会・例会のご案内

第11回介護保障を考える会・例会のご案内

日時:2月26日(日) 13時半から16時半

場所:神戸市立心身障害福祉センター 大会議室

興味がある方、介護のことで困っておられる方はぜひご参加ください!

初参加、歓迎です(事前に連絡いただけますと助かります)。

第10回介護保障を考える会・例会のご案内

第10回介護保障を考える会・例会のご案内

日時:12月24日(土) 13時半から16時半

場所:神戸市立心身障害福祉センター 大会議室

興味がある方、介護のことで困っておられる方はぜひご参加ください!

初参加、歓迎です(事前に連絡いただけますと助かります)。

第9回介護保障を考える会・例会のご案内

第9回介護保障を考える会・例会のご案内

日時:10月30日(日) 13時半から16時半

場所:神戸市立心身障害福祉センター 大会議室

興味がある方、介護のことで困っておられる方はぜひご参加ください!

初参加、歓迎です(事前に連絡いただけますと助かります)。

日経記事:筋ジス男性の訪問介護「時間カットしすぎ違法」 地裁判決

筋ジス男性の訪問介護「時間カットしすぎ違法」 地裁判決
2016/9/28 12:21
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG27HB2_Y6A920C1000000/

 難病で24時間介護が必要な東京都町田市の男性(32)が、家族による介護が可能との理由で1日平均16時間の重度訪問介護サービスしか認めなかった市の決定取り消しを求めた訴訟の判決で、東京地裁は28日までに「時間をカットし過ぎており違法」と判断した上で、1日平均21時間以上とするよう市に命じた。

 判決によると、男性は全身の筋肉が徐々に萎縮する筋ジストロフィーのため、人工呼吸器を使い自宅で生活。2013年、1日24時間のサービスを市に求めたが、認められなかった。

 判決理由で岩井伸晃裁判長は「仕事が忙しい父に毎週土日の長時間介護を負担させれば、父の心身を疲弊させ、介護が続けられなくなる恐れがある」と指摘。母も13年に筋ジストロフィーと診断されて筋力が衰えていることから、長時間の介護は難しいと判断した。

 町田市は「判決内容を精査し、今後の対応を検討する」としている。〔共同〕